葬儀までの流れ

親族が亡くなったというとき、亡くなられ方もさまざまです。病院で息を引き取ったというときは、看護師が然るべき措置をしてくれます。
危篤と知らされたときには、ごく親しい親族、葬儀には必ず出席してもらう必要がある人に、危篤の知らせをしましょう。

医師から臨終を告げられると、故人に水を飲ませてあげます。以前までは仏教徒だけの儀式でしたが、現在ではカトリック以外の方には常識となっている儀式です。
これを“末期の水”と言います。

その後、遺体の清めと死に化粧を施し、着替えを行います。
このような作業は複雑なので、知識も豊富な専門業者へ依頼するのが良いでしょう。

故人が死亡した時点で決めておくと良いのが、葬儀の世話役代表です。世話役には数人を選んで葬儀を取り仕切ることになりますが、その代表を決めておくことで、全員をまとめる役割を担います。

葬儀の世話役代表には、故人に近く、身内の男性年配者というのが一般的です。
ただ、かなり多忙な役割をこなす必要があるので、高齢者には厳しいということもあります。


人気のたまゆらりんは、ネット通販で簡単に買えるようになっています。あの音色と美しい黄金はたまゆらりんならではなのです。



更新情報・お知らせ

2012/03/16
葬式での喪主の役割更新
2011/01/04
葬式での喪主の役割を更新。
2011/01/04
葬儀の流れを更新。
2011/01/04
葬儀の日時を更新。
2011/01/04
葬式のタイムスケジュール知っておこうを更新。
2011/01/04
ホームページリニューアル
葬式のタイムスケジュール知っておこう| 2011年07月16日

サイトメニュー

おすすめ関連サイト


遙セレモニー
「低価格でお葬式を」

ひまわり会
「もしもの時の安心サービス」

コープ生協のお葬式
「誰もが知ってる生協でのお葬式」